秋の準備


いきなり朝夕が肌寒くなってきました。寒い、、と言えばチョモランマや今は亡き地下鉄漫才のサンキュー師匠がコマーシャルに出ていた「ひだまり」ですよね。



今は有名になりすぎた「ひだまり肌着」、始めた頃は値段も高く、シルクも人気だったので中々手が出せずにいた商品でした。ところが、ある日NHKの「ためしてガッテン」で「世界で一番暖かい糸」を使用した肌着として紹介されてからはとんでもない人気になり、一時は2ヶ月待ちなんてこともありました。
最近は当時よりも落ち着きを見せてはいますが、リピーターは90%、八王子では一番最初に目をつけ、特約店的な扱いで現在まできています。。
最近は「チョモランマ」もやっと一般の若い方にも陽の目をみた様で、少しずつ注文が増えてきました。
ひだまり肌着、この肌着に使用されていた帝人の素材は今の暖かい肌着の先駆け的な存在で、裏話を知っているのはそういないと思います。
「ひだまり」騙されたと思って一度試して見てください。暖かさで裏切ることはありません。
洗濯もそう面倒はなく、長く着ることができるのでコストパフォーマンス的にもがっかりさせることはありません。
冬の寒さはここから解消‼️


そうそう、GUNZEの肌着も開店当初から扱っていますのでご心配なく。




  • タイの綿素材が再入荷しました。




    京都のメーカーが企画した、タイの綿を使用した人気アイテムが再入荷、春は重ね着、夏は風通しが良いので一枚で、綿100%で着やすいと評判です。




  • 寒いほど効果的な冬の防寒肌着




    この数年、新聞広告でも目にするようになった“ひだまり”と言う名の肌着。健繊という会社が本家で発売当初は地下鉄漫才の方が広告搭になって売り出していました。
    カトウでは、この肌着の販売を初めて十数年経ち、今や98%の方がリピーターです。
    カトウの先代は寒がり、でもこの肌着を使い始めてからホカロンを使わなくなりました。NHKの「ためしてガッテン」では、この肌着と肌着に使われている繊維が取り上げられ、世界で一番暖かい糸として紹介された時は生産が追い付かないほどでした。
    それから十数年、これなしでは冬は過ごせないと、、

    そうそう、写真の“チョモランマ”という肌着には釣りや登山、農業など外での遊びや仕事場で使用されている方がかなりいます。入荷は非常に少ないですが、予約で受け付けていますので、冬のお供に一度試してみては?
    ひだまり極、男女上下別売、各税込価格8100円
    チョモランマ上下別売、各税込13824円

    タグ :肌着




  • 店舗・企業情報

    店名

    カトウ洋品店

    住所

    〒192-0071
    東京都八王子市八日町10-2

    TEL

    042-622-4741

    営業時間

    9:00~19:00(水曜日は17:00まで)

    定休日

    なし

    URL

    http://kato.tamaliver.jp/

    コメント

    いつもの日、いつもの時間を大切に、いつものおしゃれのお手伝い!
    →メールでお問い合わせ