ウエストゴムのズボン



今年から少しだけウエスト部分を変えてみました。

私はメンズのスラックスを買う時、最近股上が浅いのが気になって仕方ないのです。浅くても履き心地が良いものとそうでないものに別れますし、「まぁこんなもんか〜」と言って買ったスラックスは、最初は履きますが、そのうちにタンスの前に積まれてホコリをかぶってしまいます。それを見る度に後悔するのです。

ズボン、いわるゆるスラックスを選ぶには、まずちゃんと履いてみること。フィットルームが無いのにスラックスを売るなんてありえない。そこで、履き心地を確認してから購入するのが1番。

股上の深さやクリの部分はメーカー毎に違いますし、ゴムの硬さも素材の使い方、冬だと毛玉の多く出来るものや少ないもの、これは使う素材によってもかなり差が出てきますが、こう言ったことをお客様から聞き取り調査してきました。

そして、まずお客様の履いた時の立ち姿を観察、そこから少しづつスタイルの改良をメーカーと相談してきました。冬と夏の肌着の差もかなりありますので、その辺は気をつけながら。。

最近は肌着もかなり素材の良いものが多く出回り始めて来ていますし、カトウが15年ほど前から特約店としてスタートした、保温で有名な「ひだまり」肌着等をお薦めすると、厚着せずにサイズも変わることなく寒さを防げると喜ばれています。

スラックスはゴムの硬さもキモです。腰骨に当たると痛いし、かと言って伸びの悪いものはお腹がきついし、股上の深さとゴムの硬さも連動してくるので、これこそお客様の履いた感覚を聞くことが必要となってきます。「お尻がぶかついて格好が良くない」の会話から少しずつ変えながら新しい形のズボンができてきます。
現在のカトウのズボンは大方4〜5型。50代から履けるもの、70代以上で細身の方、太めの方、腰が曲がったり座りっぱなしの方用など、それぞれに合わせた型で対応できるようにしてあります。

ズボンを履いた時、「こんなもんで良いや」と言わずに、履き心地を気にするようにしてください。

それと、ウエストゴムのスラックス、最近はデザインも良く、バカにできませんよ〜!!




  • 製品に声を


    5月から提携の駐車場が変わります。弊社の隣にあったコインパーキングは店舗の建築工事に入るため四月で閉鎖になります。一番近いのは真向かいの西武信用金庫隣のコムパークになります。


    工場にあれこれ注文つけてはいるものの、遅々として進まないので、カトウで販売する分は試験的に少し型を変えて作るコトになって数年経過しました。
    つい先日、都内の問屋さんを回って見て気がつくと、Cラインという名前で後発メーカーが特許を取って出している腰の曲がった方の為のズボンを発見。研究はしていますが、じゃあこれをカトウで販売するかと言うと二の足を踏んでしまう。デザイン的には悪くはないし格好も良い、でも細かく調べると大量生産故に素材の問題や縫製が少し気になる。お客さんが穿いた感想を直に聞いている強みはこちらにあるのかな。結局のところ、誰がどこでどう履きたいのかだと想う。。

    お客さんの声を直に聞いて、より良い製品へと完成度を高める為にメーカーにその声を届けるのが小売店の役割、それがいつか販売につながると信じています。




  • プロ的なお客様


    春物を求めるお客様が来ています。そろそろ行楽シーズンかな。
    今日のお客様は70を少しだけ超えたオシャレな方でした。話をすると製作に関わっていた方で、バイアスなんて言葉も出てきます。
    反物、いわゆる生地の取り方まで知っているので商品選びはお手の物のようです。商品を見る力は大したものでした。つい先日も製糸関係のご夫婦で生地を見抜く力はやはり流石と言うべきものでした。二組とも常お得意様、受け答えにはしどろもどろとは行かず、販売にはしっかりとした知識以外に、会社の方針を伝えることも必要だと思っています。

    あ、、これ商売人にとっては普通でしたね。




  • こだわりのあるお客様


    京都弁が優しいお客様、年に数回は若い介護士さんを連れ立って来店します。


    春の美後姿、猫背や脊椎側弯症のある方へ、ジャストサイズでお召しになれます。今年は黒も揃えました。





  • 日本製へのこだわり



    「日本製のニットが減ってきて、、」と嘆くお客様がいます。「海外製品も随分と良くなってきていますよ」とは言うものの、「日本製が良い」とこだわる方が年配のお客様には多く見受けられます。
    海外製品とひと口に言ってもピンからキリまであるし、やはり値段。1000円の海外製品と10000円の海外製品が同じわけはないし。
    カトウは40年も付き合っていた問屋が商売を辞める時、その問屋が付き合っていた製造メーカーの全てを紹介してくれたお陰で販売価格も下げることができたのはお客様にはメリット。
    当初は「昨年と同じものが安い」と言うのを説明するのに「付き合っていた問屋が辞めてね、、」からスタートするので時間がかかりましたね。
    しかし、そんなメーカーも被災したり、経営難で徐々に減ってはきています。
    日本製は大切にしたいと思ってはいますが、なかなか難しいなと。
    写真は全て日本製、大阪と東北の製造メーカーさんです。「応援しましょう日本製」




  • 店舗・企業情報

    店名

    カトウ洋品店

    住所

    〒192-0071
    東京都八王子市八日町10-2

    TEL

    042-622-4741

    営業時間

    9:00~19:00(水曜日は17:00まで)

    定休日

    なし

    URL

    http://kato.tamaliver.jp/

    コメント

    いつもの日、いつもの時間を大切に、いつものおしゃれのお手伝い!
    →メールでお問い合わせ