八王子まつり


いよいよ明日から八王子まつりがスタートします。

今年は市政百周年と言うこともあり、嗜好を凝らした行事が執り行われる様です。
私の所属する八日町商店街では、甲州街道に面した西武信用金庫の駐車場をお借りして休憩所と実行委員会の協力でトイレを設置します。本来は商店街の店舗の出店を得たいのですが、みなさんそれなりに商売をやりながらのおまつりなので出店は難しく、露店商の協力を得ています。スタートは東京工科大学の研究室の先生と学生と商店街で連携して活性化を促す試みでスタートして四年、最近では少しずつ知られて来るようになりました。土曜日と日曜日の二日間、露店商以外には日本パンカツ協会と中央大学白門祭実行委員会の二店舗に加え、新たな店舗が出店します。スペースが狭いのでイスやテーブルにも限りはありますが、疲れた時の一服にご利用ください。また、急な授乳で困った時は最寄りのお店に相談してみてください。
もしかするとフィットルームとか貸して貰えるかも、





  • 夏本番、セール始まりました



    インド綿手刺繍ブラウス 二点のみ10000円→6500
    他にインド綿ブラウス1500円から揃えました。
    セールは20日からスタートです。暑い夏、綿素材のものをゆったり着ると風通しも良く、肌に張り付かないので最高です。
    もともとがメーカー直仕入れでお手頃価格で販売していますので、セール期間中は二割引で販売させていただきます。




  • 母の日



    知られて来たのか徐々にお客様がついてきた。
    「知らなかった、、」と言う声
    「いや、喜ばれた」という声
    やって良かったというのが感想です。


    昨日は多摩信用金庫の一階にオープンスペースが出来てそのセレモニーがありました。
    カザーナコーヒー、シトラ、そして八日町にはかごの屋とあずさ珈琲、コンビニが新しくオープンします。

    家と仕事場以外にお友達?ほかの誰か?と空き時間や休憩などの過ごせる場所ができてきて、古き良き時代を越してきた商店街も、新しい息吹で少し活気づいて来たような気がします。




  • 製品に声を


    5月から提携の駐車場が変わります。弊社の隣にあったコインパーキングは店舗の建築工事に入るため四月で閉鎖になります。一番近いのは真向かいの西武信用金庫隣のコムパークになります。


    工場にあれこれ注文つけてはいるものの、遅々として進まないので、カトウで販売する分は試験的に少し型を変えて作るコトになって数年経過しました。
    つい先日、都内の問屋さんを回って見て気がつくと、Cラインという名前で後発メーカーが特許を取って出している腰の曲がった方の為のズボンを発見。研究はしていますが、じゃあこれをカトウで販売するかと言うと二の足を踏んでしまう。デザイン的には悪くはないし格好も良い、でも細かく調べると大量生産故に素材の問題や縫製が少し気になる。お客さんが穿いた感想を直に聞いている強みはこちらにあるのかな。結局のところ、誰がどこでどう履きたいのかだと想う。。

    お客さんの声を直に聞いて、より良い製品へと完成度を高める為にメーカーにその声を届けるのが小売店の役割、それがいつか販売につながると信じています。




  • 八日町商店街




    長年空き地だった八日町元NTT跡地に2階建ての飲食店の複合店舗が8月にOPENします。
    当初はミニスーパーで進めていましたが、最終的に同系列の二店舗に落ち着きました。
    昔、カトウの東側のコインパーキングには、むかし三楽と言うまちを行き交う中高年の方に人気の食堂がありました。このコインパーキングも夏頃には店舗ができることになりました。そんな意味では、お団子の伊勢屋からスクランブル交差点まで、隙間なく店舗が並ぶことになって嬉しい限りです。
    夏が楽しみになりました。




  • SALE


    只今店内、冬物在庫一掃、二割引SALE中‼
    一部除外品もあります。




  • 洗面盆


    30年以上前、先代の知り合いが「車窓から、、」など中国旅行コーディネートをしていた方と行く中国旅行にはまっていた時に見つけ、上海の工場まで足を伸ばし散々苦労して輸入した洗面盆。
    4000枚の木箱に入って送られてきてびっくりしたり、木箱の処理や傷物に追われながらも、木箱まで含めてあっという間に売り切りました。
    この読売新聞の夕刊の記事を書かれたお方は20年前だと2度目以後に輸入したものを買われたお客様だったようですね。
    2度目、3度目の輸入は柄指定してもその通りには送られず、柄数は相当なものでしたが、個人的に一枚ずつ大切に保管してあります。
    最近は中国も一軒に一枚あったこの鉄製のホーローからプラスチック製品に取って代わり、製造工場も一軒になってしまったようで、現在はこの一柄、でも用途は様々で色鮮やかさ、1200円で販売しています、貴重品ですよ〜。







  • ご挨拶



    今年から初めたカトウのブログ、何度も更新できずに師走を迎えました。
    新年初売りは5日10時からの開店です。
    新年もまたよろしくお願いいたします。

    先着400名様に50年続けている縁起物の干支の楊枝さしと根付を差し上げます。




  • もう一つのオシゴト



    これは国定公園明治の森高尾山麓にある「旬の炭火焼きと高尾三昧“ろくざん亭‘’」の写真です。
    洋品店と料理屋?実は洋品店に来ていたメーカーさんが愛知県三ヶ根山の麓にある「山麓園」の先代と仲が良くて紹介してくれ、ワタシの先代が修行に行って暖簾分けをしていただいたのです。
    ろくざん亭も当初は山麓園といっておりましたが、改築してからろくざん亭に名前を変えました。

    わたし、以前は調理場におりましたが、現在は弟がオーナー料理人、そして忙しい時はワタシがお手伝いで送迎をしています。




  • 日本製へのこだわり



    「日本製のニットが減ってきて、、」と嘆くお客様がいます。「海外製品も随分と良くなってきていますよ」とは言うものの、「日本製が良い」とこだわる方が年配のお客様には多く見受けられます。
    海外製品とひと口に言ってもピンからキリまであるし、やはり値段。1000円の海外製品と10000円の海外製品が同じわけはないし。
    カトウは40年も付き合っていた問屋が商売を辞める時、その問屋が付き合っていた製造メーカーの全てを紹介してくれたお陰で販売価格も下げることができたのはお客様にはメリット。
    当初は「昨年と同じものが安い」と言うのを説明するのに「付き合っていた問屋が辞めてね、、」からスタートするので時間がかかりましたね。
    しかし、そんなメーカーも被災したり、経営難で徐々に減ってはきています。
    日本製は大切にしたいと思ってはいますが、なかなか難しいなと。
    写真は全て日本製、大阪と東北の製造メーカーさんです。「応援しましょう日本製」




  • 店舗・企業情報

    店名

    カトウ洋品店

    住所

    〒192-0071
    東京都八王子市八日町10-2

    TEL

    042-622-4741

    営業時間

    9:00~19:00(水曜日は17:00まで)

    定休日

    なし

    URL

    http://kato.tamaliver.jp/

    コメント

    いつもの日、いつもの時間を大切に、いつものおしゃれのお手伝い!
    →メールでお問い合わせ