初めての八日町


初めてのお客様、子安坂上から歩いてお越しになられたそうです。
ダイエー、シマムラとあちこち歩いて自分にあったものを探していたら、南口でひょんな事から見知らぬ人に八日町のカトウへ行ってご覧なさいと言われたそうです。八日町は一度も来たことがない八王子在住の方、八王子でもこの程度の知名度なんです。ただ、町田のお客様は町田の駅でたまたま居合わせた人と話をして、八王子のカトウさんに行ってご覧と言われたそうで、でも、年に一度新宿からお越しになるお客様もいたりして、何が何やらわからなくなります。




  • パンカツ




    余談ですが、実は趣味でパンカツなるものの普及活動をしてまして、その団体名が“日本パンカツ協会”です。公認アイドルに8プリンセス、公認ではないですがフラチナリズムや古矢奈穂をたまーに引き連れてイベントなどに出ています。

    ※カトウのショーウィンドウには東京工科大学・吉岡研究室とのコラボでサイネージなんか置いてあったりして洋服屋と少し離れてはいますが、パンカツ屋でもなければ、パンカツも販売していませんので、その辺よろしくお願いしますよ。




  • 腰の曲がっている方へ。




    今から25年ほど前、介護関係の衣料に挑戦しようとしていたメーカーと知り合い、そこに車椅子専用のスラックスがありましたが、価格も非常に高くて立ってしまうと違和感を感じるものでした。そこから猫背や腰が曲がった方のスラックスを作らないかと工場に相談したものの、コスト面で合わないよね、と一時中断。そして、7〜8年前に老人ホームから腰が90度近く曲がった男性のスラックスの相談を受け、スラックスメーカーに企画を持ち込んで特別に作り上げたのがこの「腰曲がり専用スラックス」でした。
    通常のスラックスを価格が上がらない様に適度に型紙を変え、、
    あとは企業秘密なんですが、40年も老人ホームとのお付き合いの中で利用者さんの普段の生活を見ながら培ってきたノウハウは型紙や素材にかなり活かして来たつもりです。
    最初は別注で作っていたものが、巣鴨でも受けたことて、最近は定番化しています。
    一年半後、広島のメーカーがこのスラックスをカトウに売り込んで来ました。値段も少し安目、、特許も取ってありました。「うっ、、これ」
    でも、あきらかに違うのです。これは履いてみてわかることだと思います。
    同じメーカーのスラックスでさえも、カトウだけは微妙に変えたりして違うものを作ったりしています。
    その違いをお客様には説明し、理解していただいていると思っています。
    今年は冬物の生地が終了したため、既に店頭在庫のみの商品もあります。冬支度はお早めにというものの、日本はすでに冬でしたね。




  • 暖かい日本製アンゴラソックス




    暖かさの極みとも言うべきソックス、綿2重ソックスとアンゴラ混紡等の三種類を揃えています。
    もちろん日本製。

    このソックスは四国の手袋メーカーが冬場に作っているソックスです。
    扱い始めて20年以上になりますが、このソックスを愛用している方はお薦めして100%がリピーターとなり、そしてその愛用者から聞いたと来店されて購入する方がほとんど。
    お風呂上がりに穿くと暖かさはそのまま、アンゴラのしっとり感がたまらないと話されます。男性用は無地の三色、女性用は4〰5色、ショートタイプからロングまで扱っています。洗濯も簡単、私はほぼ三年間は使っています。
    税込900円~から、試してみると価値がわかります。




  • 寒いほど効果的な冬の防寒肌着




    この数年、新聞広告でも目にするようになった“ひだまり”と言う名の肌着。健繊という会社が本家で発売当初は地下鉄漫才の方が広告搭になって売り出していました。
    カトウでは、この肌着の販売を初めて十数年経ち、今や98%の方がリピーターです。
    カトウの先代は寒がり、でもこの肌着を使い始めてからホカロンを使わなくなりました。NHKの「ためしてガッテン」では、この肌着と肌着に使われている繊維が取り上げられ、世界で一番暖かい糸として紹介された時は生産が追い付かないほどでした。
    それから十数年、これなしでは冬は過ごせないと、、

    そうそう、写真の“チョモランマ”という肌着には釣りや登山、農業など外での遊びや仕事場で使用されている方がかなりいます。入荷は非常に少ないですが、予約で受け付けていますので、冬のお供に一度試してみては?
    ひだまり極、男女上下別売、各税込価格8100円
    チョモランマ上下別売、各税込13824円

    タグ :肌着




  • 店舗・企業情報

    店名

    カトウ洋品店

    住所

    〒192-0071
    東京都八王子市八日町10-2

    TEL

    042-622-4741

    営業時間

    9:00~19:00(水曜日は17:00まで)

    定休日

    なし

    URL

    http://kato.tamaliver.jp/

    コメント

    いつもの日、いつもの時間を大切に、いつものおしゃれのお手伝い!
    →メールでお問い合わせ