問合せの電話・・


❝ ジリリリ~~ン ❞ 会社の電話が鳴り響く、、
「あ~忙しいのに」
と言いながら
「はいカトウです」
<あ・・・カトウさん?>
「はいそうです」
<あの、近くのお店の履物の〇〇さんだけど他にお店があるって言われたんだけども場所はどこ>
「あ~〇〇さんね、やすらぎの通りですね」
<やすらぎってどこ>
「ドン・キホーテの近く」
<ダイエーの近所?>
「いやいやダイエーより二つ手前の信号機の近く」
<駅からドン・キホーテの手前曲がるの>
「・・・・・ん~~」
道順を教えるのに結構時間がかかっちゃった。

こうしてお客さんが3人、フィットルームに出入りして着替えている時間私は電話でお相手をしておりました。

ん、こういう☎は割と得意だし楽しんでいる部分もかなりあります、嫌じゃないのよね、ただ今日みたいにめちゃ忙しい時には本当に困るんす。フィットルームから出て来たお客さんは電話の内容がわかったようで自分に置き換えたのか笑っているけどね。
月に一度あるかないかの問合せのお電話、問い合わせ内容は他のお店の品物の事、電話番号、住所、営業時間、一番困るのはクレームかな、滅多にないけど受けても非常に困ることがある。
カトウの☎は便利に使ってもらって構わないし、問い合わせをしてくれるだけ長く営業していて、お客さんの中での安心度が高いという事に違いない・・・こういう問い合わせの☎は逆にありがたい、そう考えるようにしています。




  • 寒くなりました


    この数日な限り、朝夕がめっきり冷え込んで寒くなりました。やっと12月らしい気候になって体調が追いつきません。
    つい先日のこと、小学校で谷川真理さんのランニング教室を今年も開催した折、谷川さんと話してちょっとした贈り物をしてみました。
    それごこのソックスとウルティメイトのホットブァブネックウォーマーです。冷え性だと聞いていたので、私が愛用して実証済みのソックスと関東でも中々お目にかかれない新発売の肌着、ネックウォーマー、レッグウォーマーの中から、届いたばかりのネックウォーマーをプレゼントしました。このシリーズに使われているのは、あのメーカーのもの。レッグウォーマーは手を入れているだけですぐに違いのわかる商品です。
    まちの中で着用するのに厚地はちょっと、、そんな人にオススメの薄くて暖かい素材です。○○○○と同じじゃ安い方が、、いやいやぜひお試しあれ。






  • 日本製ニット


    変な陽気で体調を崩している方が増えています。
    ホントポカポカだったり寒かったり、寒暖差が激しくて身体が追いつかない毎日です。
    それでも入荷は待ったなし、国産のニットが揃っています。今から十数年前にお付き合いのあったメーカーさんが社長が体調を崩して廃業した後に取引先を全て紹介してくれたおかげで、何とか質のいい国産ニットが入れられています。気候の変動やら地震などもあり、やむなく廃業するところもありましたが、継続しているメーカーさんとは未だにお付き合いをしています。常連のお客さんからは『ここには良いのがあるから』とお褒めいただいております。
    先ほどもまとめて数枚お持ちになった常連さんから『紹介しといたよ』ってホントありがたいてす。






  • 訪問販売から得るもの


    おはようございます。今日は私が関わっている小学校と中学校では、懇意にさせていただいているマラソンの谷川真理さんを招いてランニング教室とお話の会を開催しています。明日はまた同じ小学校で2回目のランニング教室を開催します。そんな時、本来は現場にいなくてはいけない私が施設への訪問販売が重なり、食のタネとも言うべき本来の業務をはずすことはできないでしょ、、本当に申し訳ない気持ちです。重なる時は重なるもので、理事長を努める商店街の売り出しがやはり今日からで、朝からの準備に出ることが出来ず、これもお詫び致します。これぞ正に三重苦です。

    さて、本来の業務に取りかかるのですが、その前に、、ここは少し特殊な施設なので商品開発のヒントをいただくにはうってつけの場所です。様々な施設訪問を数十年重ねて来ると、利用者、いわゆる消費者の生の声が聞こえてきます。生の声を聞いてそれをただメーカーに伝えるだけでは意味がないので、常にそれに利用者を間近に見て独自のアイデアを盛り込んで伝えるようにして来ました。そのお陰でズボンやブラウスなどは改善をされて来たと自負するところです。
    ところがすでに製造メーカーは消えてしまいましたが、やはり日本の工場です、多少の違いはあっても経営者の考え方次第で良いものが作れている事がわかりました。大量生産だけが全てではない、そんな日本が誇れる商品を探して届けて行きたいと考えています。







  • 全国に先駆けて


    全国に先駆けて4店舗でしょ先行販売します。
    カトウで販売している「ひだまり」肌着は三重構造、このホットハブは二重構造、素材はほぼ同じ。ただし、伸びが良く、手首や足首が少し異なります。
    生地も薄く、町なかでの使い方に向いています。
    ネックウォーマーは100本以上でカラーオーダーができ、二色のボーダーカラーもできます。サッカーなどチームで作るのもいいかも。
    レッグウォーマーはビックリするほど暖かく、しめつけがないのが助かります。
    商品は来週にも入荷予定です。









  • 店舗・企業情報

    店名

    カトウ洋品店

    住所

    〒192-0071
    東京都八王子市八日町10-2

    TEL

    042-622-4741

    営業時間

    9:00~19:00(水曜日は17:00まで)

    定休日

    なし

    URL

    http://kato.tamaliver.jp/

    コメント

    いつもの日、いつもの時間を大切に、いつものおしゃれのお手伝い!
    →メールでお問い合わせ