ひだまり肌着の新人、僧侶&和装用


チョモランマで有名なひだまり肌着の健繊から譲り受けて販売します。某お寺のお坊さんから相談を受けて製造、いわゆる和装用のひだまり肌着「極」
七分袖でU首なので和装には最適。作務衣の下に使えます。お坊さんを寒さから守るための必需品です。





#健繊 #ひだまり肌着 #チョモランマ #極 #世界一暖かい肌着 #ためしてガッテン #エベレスト #マッキンリー #僧侶を寒さから守る #呉服用肌着 #和装用肌着
#寒い #暖かい #冬 #寒い





  • ひだまり肌着の比較


    チョモランマが有名なひだまり肌着、最近はエベレスト、マッキンリーなるものも登場しているようですが、実はこれはネット販売専門の商品です。
    お客様から欲しいといわれ、回してと言ってもネット専門商品なので無理ですよと言われてしまうのでご迷惑をおかけしていますが、、さてここからエベレスト、チョモランマ、極について私なりの製品比較をしてみました。
    エベレストとチョモランマは似ています。「極」はチョモランマを下山させて通着にしたものと考えてください。
    上着に限ってのお話ですが、同じ素材を使用している「エベレスト、チョモランマとひだまり極」の一番の違いは袖の部分にあります。
    「極」は袖の部分が薄手、「チョモランマ」は袖もキルトにしてあります。実用的に何が違うか、、「チョモランマ」を着てスーツやジャケットを着ると袖がかなりきつい。登山や釣りなど厳しい寒さの中で活動しやすいジャンパーやジャケットの下での「チョモランマ」は有効、しかし激しい活動や動きやすさを目的としていない場合は「極」が弁理です。
    ひだまり肌着を初めて購入する時に必ずズボン下からオススメしています。何故なら上には関しては厚着ができますが下半身に関して重ね着には限界があるからです。なので購入をお考えの際には一言声をかけてみてください、必ず下半身からオススメします。
    高価な肌着の購入を考える場合、洗濯しても長いお付き合いになるので、使い方や置かれている環境や普段多く使用するシーンを含めてご相談、ご検討されることが後悔しない方法です。

    1都市1店舗、チョモランマや極のひだまり肌着は八王子ではカトウだけのお取り扱いです。


    厳冬の必需品、ひだまり肌着「極」「チョモランマ」を店頭でご覧になってみてください。

    #健繊 #ひだまり肌着 #チョモランマ #極 #世界一暖かい肌着 #ためしてガッテン #エベレスト #マッキンリー





  • ひだまり肌着


    チョモランマが有名なひだまり肌着の健繊。取引当時は価格が高く、なかなか思うようには売れなかった時期がありました。八王子では初めての取り扱いで、扱い店舗もごく限られていたのを思い出します。
    ところがNHKの「ためしてガッテン」で<世界一暖かい糸を使った肌着>として紹介されてからと言うものファンはみるみるうちに増え、その多くのお客様がリピーターになっています。お歳暮に数十セットを購入された方もいますし、配達係、釣り、ウィンタースポーツ、お坊さん、政治家などの外に出ることが多い方々に愛用されて来ています。ユニクロがヒートテックを販売してからは暖かさの比較と共に、今まで長袖のインナーを来ていなかった若い方にも販路が広がり
    愛用者は増えています。1都市1店舗を守り続けていることも信頼の証です。ジャパネットでも通販でも価格は同じ、現物を見たいと言う方々の為に小売店との取引を継続してくれています。
    今後は新しい商品も扱う予定です。一度手にして着てみて下さい。世界一と言う暖かさがわかります。

    高齢の方がひだまりを着てみて仰る妙な一言

    「この年で身体が燃えるようだ」

    厳冬の必需品、ひだまり肌着、「極」「チョモランマ」をお試しあれ。













  • ひだまり極




    最近チョモランマの事ばかりあげていましたが、本日は従来から取り扱っているひだまり肌着の極みを。
    もう20年にもなるのでしょうか、初めて取り扱った年から愛用してきた男性のお客様が買い換えに来店しました。この方はご夫婦でひだまりを使っていて、現在お持ちのズボン下は五着だそうです。それを丁寧に交代で使って約10年、だいぶ緩くなってきたので買い換え。そこで私の父親がゆるんだひだまりを肌着ではなくパジャマとして使っていたことをお伝えしました。以前はひだまりの繊維を使ったスウェットスーツもあり、購入した方が廃盤になったのを残念がっていたのが昨年のこと。なのでゆるんだ肌着はパジャマがわりに使用したらどうでしょうと言うことです。
    しかし、この年数を使いきれば価格的には安いとは思いませんか?




  • チョモランマ


    昨年は暖かかったせいか、九月頃からある肌着の注文が少なく、急に寒くなった頃に売れ出した「ひだまり」
    八王子ではカトウが初めての取扱店となり、価格も高いことで数年間は販売に苦労もしましたが、取り扱い数年後にNHK「ためしてガッテン」で世界一暖かい繊維や使った肌着として紹介されて知名度が上がり、それをきっかけにお求めいただいたお客様が継続してご利用されています。その繊維を使って漁協用に作られた紺色の肌着がチョモランマです。当初は殆ど入荷できませんでしたが、この数年はカトウでも取り扱いが増えてきました。昨年チョモランマを注文されたお客様が2枚目を買いに来られたり、購入された方から聞いたと言うお客様もあり、次第にチョモランマも知られてきました。
    昨年からは女性専用が販売されました。


    そろそろメーカーの在庫も切れる頃です、購入を検討されている方などご覧になられたらお早めにどうぞ‼️




  • エベレスト級の防寒肌着


    チョモランマ入荷、2セット入荷です。


    この暖かさは漁師さんや登山者、釣りにも愛用されています。

    ヒマラヤの写真でも有名なひだまり肌着。

    どくじの特殊ブレンド加工により製造される指定外繊維わ使用した消臭素材で着用や洗濯による性能低下が少なく、その特徴を維持します。アクリルと比較して衣服内の湿度を適度に保ち、快適な着心地を実現します。
    カトウでは15年以上扱っています。いまや冬の必需品です。




  • 秋の準備


    いきなり朝夕が肌寒くなってきました。寒い、、と言えばチョモランマや今は亡き地下鉄漫才のサンキュー師匠がコマーシャルに出ていた「ひだまり」ですよね。



    今は有名になりすぎた「ひだまり肌着」、始めた頃は値段も高く、シルクも人気だったので中々手が出せずにいた商品でした。ところが、ある日NHKの「ためしてガッテン」で「世界で一番暖かい糸」を使用した肌着として紹介されてからはとんでもない人気になり、一時は2ヶ月待ちなんてこともありました。
    最近は当時よりも落ち着きを見せてはいますが、リピーターは90%、八王子では一番最初に目をつけ、特約店的な扱いで現在まできています。。
    最近は「チョモランマ」もやっと一般の若い方にも陽の目をみた様で、少しずつ注文が増えてきました。
    ひだまり肌着、この肌着に使用されていた帝人の素材は今の暖かい肌着の先駆け的な存在で、裏話を知っているのはそういないと思います。
    「ひだまり」騙されたと思って一度試して見てください。暖かさで裏切ることはありません。
    洗濯もそう面倒はなく、長く着ることができるのでコストパフォーマンス的にもがっかりさせることはありません。
    冬の寒さはここから解消‼️


    そうそう、GUNZEの肌着も開店当初から扱っていますのでご心配なく。




  • タイの綿素材が再入荷しました。




    京都のメーカーが企画した、タイの綿を使用した人気アイテムが再入荷、春は重ね着、夏は風通しが良いので一枚で、綿100%で着やすいと評判です。




  • 寒いほど効果的な冬の防寒肌着




    この数年、新聞広告でも目にするようになった“ひだまり”と言う名の肌着。健繊という会社が本家で発売当初は地下鉄漫才の方が広告搭になって売り出していました。
    カトウでは、この肌着の販売を初めて十数年経ち、今や98%の方がリピーターです。
    カトウの先代は寒がり、でもこの肌着を使い始めてからホカロンを使わなくなりました。NHKの「ためしてガッテン」では、この肌着と肌着に使われている繊維が取り上げられ、世界で一番暖かい糸として紹介された時は生産が追い付かないほどでした。
    それから十数年、これなしでは冬は過ごせないと、、

    そうそう、写真の“チョモランマ”という肌着には釣りや登山、農業など外での遊びや仕事場で使用されている方がかなりいます。入荷は非常に少ないですが、予約で受け付けていますので、冬のお供に一度試してみては?
    ひだまり極、男女上下別売、各税込価格8100円
    チョモランマ上下別売、各税込13824円

    タグ :肌着




  • 店舗・企業情報

    店名

    カトウ洋品店

    住所

    〒192-0071
    東京都八王子市八日町10-2

    TEL

    042-622-4741

    営業時間

    9:00~19:00(水曜日は17:00まで)

    定休日

    なし

    URL

    http://kato.tamaliver.jp/

    コメント

    いつもの日、いつもの時間を大切に、いつものおしゃれのお手伝い!
    →メールでお問い合わせ